カテゴリ:その他アート( 7 )

2011年 04月 19日
Andon Art,Day 2.
b0133440_4233939.jpg


b0133440_4235867.jpg


b0133440_4241570.jpg


b0133440_424327.jpg


b0133440_4245075.jpg

[PR]

by uminee_san | 2011-04-19 04:24 | その他アート
2011年 02月 12日
Capella。
写真:元田敬三
マッチアンドカンパニー
52ページ

b0133440_2003892.jpg



元田敬三プロフィール:

1971年大阪府生まれ
1996年第33回準太陽賞受賞
1997年ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業
個展 2003年「ストリートスナップ(photograpers' gallery・東京)
2004年「STREET PHOTOGRAPHY SHOW」(photograpers' gallery・東京)他。
グループ展 2004年 「out of the ordinary/extraordinary」 (国際交流基金ギャラリー・ケルン(ドイツ))
2005年 「借りた場所、借りた時間」(BankART Stadio NYK・神奈川)他。


某新聞の書評にインスパイアされて購入。
漆黒に浮かぶ車のボディの質感がいい。
シリアルナンバー入り。
[PR]

by uminee_san | 2011-02-12 19:53 | その他アート
2009年 09月 24日
足立美術館

こちらは対照的に観光客だらけ!

b0133440_2055138.jpg


日本一の庭園ということですが・・個人的には料金の割には心に響くものがなかった

↓こういうところは観光バスや車では通り過ぎてしまう、自転車旅ならではだね
b0133440_20561412.jpg


TRIP:85.88km
TIME:3:23:23
[PR]

by uminee_san | 2009-09-24 20:56 | その他アート
2009年 04月 16日
行灯アート2。


b0133440_113120.jpg


b0133440_1133234.jpg


b0133440_1192052.jpg


b0133440_1142449.jpg


b0133440_1145370.jpg


b0133440_1152153.jpg

[PR]

by uminee_san | 2009-04-16 01:15 | その他アート
2009年 04月 16日
ゆあさ行灯アート展。

b0133440_059070.jpg


b0133440_0592554.jpg


b0133440_0595425.jpg


b0133440_102364.jpg


 ゆあさ行灯アート展
[PR]

by uminee_san | 2009-04-16 01:00 | その他アート
2008年 09月 08日
命めぐる海 中村征夫写真展
@大丸ミュージアム

いまはなき出版社「情報センター」の「全・東京湾」を読んで、劣悪な環境にもたくましく生きている海の生物がいるんだぞということを知り、ちょっと感動したことを覚えています。

その中村氏の写真展がたまたま開催されていることを知り、見に行ってきました。

周囲34mのJEEP ILANDの写真がすばらしかった!海と空の色に感激!色鮮やかな海の生物にも感激!

同時にハイヴィジョン撮影による映像も公開されていました


b0133440_13163757.jpg

[PR]

by uminee_san | 2008-09-08 13:15 | その他アート
2008年 04月 07日
佐川美術館
守山駅からバスに乗ってゆきましたが美術館には停車せず、10分くらい歩いて到着しました。実際には本当に美術館の真横に停車するみたいです。

超近代的な建物
b0133440_95539.jpg


常設展示として、3人の現役作家さんの作品が展示されています。

平和の祈り 平山郁夫館
ブロンズの詩 佐藤忠良館
守破離 樂吉左衛門館

最初の平山郁夫氏の作品は興味あったので、ゆっくり鑑賞しました。昨年の生口島以来です。シルクロードへ取材旅行に行ったときの作品を展示しています。「故城下村民帰牧図」2002年(平成14年第87回院展出品昨)がすばらしかったです。


樂吉左衛門館は、建築のすばらしさでぜひ訪れてみたいと思っていました。美術館の周りは水で囲まれており、その水面下に樂吉左衛門館はあります。水面回りに植えられている水草は、夏になったらまぶしいくらいの緑の萌え具合になるだろうな

建物は第15代樂吉左衛門本人の設計によるもの。施工は竹○工務店。
壁面はコンクリートだけれども、限りなくブラックに近づけるという注文がされたようです。で、しかも木目調に仕上げてあるのはすごいこだわり。
展示室の前にある巨大な空間は、上部からの水のきらめきが壁面に映し出されるような効果。展示室は暗くしていて、ゆるやかな照明が効果的。
樂焼きの茶碗は、壁際に展示されていますが、鏡を設けてあるので裏面底面すべてを見ることができます。名前の下に漢詩が添えられていました。

樂茶碗は詳しくなくて、見方に関してまったくのど素人でしたが、時間を忘れさせてくれる空間でしたね。


帰りは琵琶湖大橋を渡り堅田駅へ
b0133440_9402967.jpg


佐川美術館
[PR]

by uminee_san | 2008-04-07 09:20 | その他アート