カテゴリ:読書( 130 )

2017年 10月 15日
THE Twelfth Card
リンカーン・ライムシリーズ。b0133440_10393379.jpg


150年前の米国憲法修正第十四条成立にまつわる『歴史』に挑む。

解放奴隷であったチャールズ・シングルトンについて調べていた子孫の大学生、ジェニーヴァ・セトルが襲われた。例によってライムとサックスによる捜査の結果、150年前の真実を突き止めるという、まさに雲をつかむような事態に。。

日本人にはいまひとつピンと来ないテーマだが、『未詳』のいくつものトラップに騙されるのは、いかにもディーヴァーらしい!

来月には邦訳版最新作が刊行される予定なので楽しみ!

[PR]

by uminee_san | 2017-10-15 10:48 | 読書
2017年 10月 01日
A KILLING FROST 2
b0133440_13261816.jpg
惜しくもこの作品が著者の遺作となってしまい、続編が読めなくなってしまうのは残念・・・
と思いきや、解説では遺族の許可を得て、どうやら2人組の作者で続編が引き継がれるよう。。

時代さかのぼってフロストの巡査部長時代の物語になるようだ

[PR]

by uminee_san | 2017-10-01 13:31 | 読書
2017年 09月 17日
A KILLING FROST 1
b0133440_09463154.jpg

デントン署に赴任してきたスキナー主任警部は署の厄介者としてフロスト警部を追い出そうと画策する。さてフロストの運命やいかに?

『ウェールズ産の芋にいちゃん』ことモーガン刑事との掛け合いは相変わらず健在で笑えるね!




[PR]

by uminee_san | 2017-09-17 09:56 | 読書
2017年 08月 12日
A Cool Breeze on the Underground

b0133440_6531855.jpg

自分の中ではドン・ウインズロウ入門編。。

11歳のニール・ケアリーが、師匠のジョー・グレアムに探偵のイロハを叩き込まれながら、単身ロンドンへ。『朋友会』から、副大統領候補であるジョン・チェイスの娘の行方を探してほしいとの依頼があったのだ・・

ハードボイルドでありながら、切ない恋愛物語的要素の詰まった快作。

麻薬カルテルもののシリーズも楽しみだ。
[PR]

by uminee_san | 2017-08-12 07:03 | 読書
2017年 05月 07日
A TOUCH OF FROST
b0133440_2174921.jpg

デントン署の名物警部ジャック・フロスト。常にマイペースで、デントン署のお荷物警部。

相棒は、ブレイブリッジ署の敏腕警部から、上司と妻に暴力を振るったかどで巡査に降格されたうえ、ここデントン署に左遷されたマーティン・ウェブスター。デントン署ではさらにお荷物を抱えることになり、どうなることやら・・

署内で起こる事件を、まさに推理の乱れ打ちを繰り出すフロストに愛想を尽かしながらも解決してゆくさまが爆笑もの!!

次々に広げた大風呂敷を見事に回収してゆく作者の腕前もナイス!

700ページ強を一気読みしました!
[PR]

by uminee_san | 2017-05-07 21:17 | 読書
2017年 04月 01日
司馬遼太郎の関ケ原がおもしろい
b0133440_103797.jpg



秀吉の病没前後からはじまる歴史巨編。

治部少輔vs筆頭家老家康の戦いは、複雑な要因がからんでいたことがうかがい知れる。

中でも興味深かったのは、秀吉の正室北政所と、彼の側室淀殿それぞれを慕う諸侯の対立。

中巻ではいよいよ合戦の幕開けが始まろうとしている様子が描かれている。

上杉景勝討伐はいわば名目で、その実は三成をおびき出す陽動作戦だった。

東軍西軍どちらにつくか、各大名の中での意見が対立する様が描かれており、家の中で、例えば兄弟で東西別れることもあったようで、それぞれ密使を送り込んだりなかなか興味深かった。

尾張の国はもともと農家が多く、家康の構える城も、石垣を組んだ程度の簡素なものだったとかで、東軍に参集した諸大名の宿泊所の簡素なつくりに、各諸侯が戸惑うシーンはなかなかおもしろかった!
商人気質の秀吉の絢爛豪華な城とは好対照なものだったのも一興
[PR]

by uminee_san | 2017-04-01 10:58 | 読書
2017年 02月 28日
The Target
b0133440_4425635.jpg




書かれた時代背景からか、バブルテイストがどことなく漂ってくるストーリーだったが、一級のテロリスト『成毛』を始末するため、元極秘機関のメンバー『加瀬』の心理描写は大沢節炸裂でいい!

テーマは今現在にも通じるものがありそうだ
[PR]

by uminee_san | 2017-02-28 04:49 | 読書
2017年 02月 11日
涙香迷宮

b0133440_9145992.jpg



2017年度版このミス国内編第1位。

本書で黒岩涙香という人物を初めて知ってビックリ!

当時のマルチタレントと言っても過言ではない活躍ぶりにはただただ驚かされました。

その中で彼の得意としていた『いろは歌』、これをボードゲームミステリの第一人者、竹本健治がうまく仕上げたなと、これまた驚き!

いろはを並べ替えて、こんなにさまざまな歌ができるとは!!
[PR]

by uminee_san | 2017-02-11 09:21 | 読書
2017年 01月 15日
静かな炎天

b0133440_1117086.jpg

吉祥寺のミステリ専門古書店《MURDER BEAR BOOKSHOP》のバイト店員で、その2階に事務所を構える《白熊探偵社》の調査員、葉村晶のシリーズ。

初めて読んだが、センスのいいユーモアミステリといった趣。女性版ダイ・ハードって感じか。

ラストの1編『聖夜プラス1』  クリスマスイヴの書店イヴェントで、目玉商品を取りに行く葉村の身に、次々と起きる面倒な依頼に思わず同情してしまいました・・書店オーナー富山氏を恨みたくなる気持ち、わかる!
[PR]

by uminee_san | 2017-01-15 11:28 | 読書
2017年 01月 14日
BLOOD ON SNOW
b0133440_1473297.jpg

対立する麻薬組織の一方の雇われ殺し屋、オーラヴは、自身の雇い主である、ホフマンの妻の始末を命じられる。妻コリアが不貞を働いているらしい。

オーラヴが殺害の機会をうかがうべく、普段の彼女の行動を密偵するうち、あろうことかコリアに惚れてしまう・・

オーラヴの葛藤するさまを描いたミステリー。

小編なので一気読みしてしまいました!

オーラヴは書字障害というハンディキャップを持っているということから、ギャビン・ライアルの『深夜プラス1』を思い出した。このミステリもアルコール依存症のヒットマンの葛藤を描いた傑作だが、それに通じるものがあるよう。
[PR]

by uminee_san | 2017-01-14 14:22 | 読書