タグ:百寺巡礼 ( 28 ) タグの人気記事

2011年 12月 01日
百寺巡礼二十八ヶ寺目──浄土真宗本願寺派本山西本願寺(第二十七番)
b0133440_2346222.jpg

御影堂門。

b0133440_23495826.jpg

阿弥陀堂。

b0133440_23502029.jpg

阿弥陀堂前のイチョウ。

b0133440_23552891.jpg

こちらは御影堂前の“逆さイチョウ”

b0133440_2359545.jpg

講演会 釈尊と親鸞を拝聴するため、訪れた人々。私も拝聴。

b0133440_1135198.jpg

唐門。

b0133440_1143728.jpg

台所門のイチョウ。
[PR]

by uminee_san | 2011-12-01 23:46 | お寺
2011年 10月 12日
百寺巡礼二十七ヶ寺目──天台宗三徳山三佛寺(第七十一番)。
b0133440_640756.jpg

本堂(県指定文化財)。
正面3間、奥行き3間。屋根の4つの稜が中央に集まる宝形(ほうぎょう)造り。杮葺き。天保10(1839)年の建築といわれる。

b0133440_644369.jpg

嘉祥(かしょう)2(849)年に第3世天台座主・慈覚大師円仁が来山し、堂を建て、阿弥陀・大日・釈迦の3尊を安置したと伝える。
上部の扁額は明治時代の奉納。

b0133440_6491727.jpg

三佛寺の投入堂への登山道入り口。

b0133440_6522680.jpg

文殊堂。正面7.9m、奥行き6.21m。単層、入母屋造り。杮葺き。天正8(1580)年の建造。

b0133440_13495734.jpg

文殊堂からの眺め。

b0133440_1352372.jpg

地蔵堂。室町時代後期の建築。堂内に子守延命地蔵菩薩を祀る。

b0133440_13561052.jpg

鐘楼。
投入堂へは鐘楼の真下を通って行く。前回は鐘楼左手の岩からマントルして行ったような・・

b0133440_13563713.jpg

そしてクライマックスは投入堂。
三佛寺の奥の院で、正しくは蔵王堂という。修験道の守り神・蔵王権現を祀る建物。

b0133440_14124057.jpg

ナナカマド?

b0133440_1413252.jpg

ミゾソバの花が美しい。
[PR]

by uminee_san | 2011-10-12 06:43 | お寺
2011年 09月 24日
百寺巡礼二十六ヶ寺目──臨済宗相国寺派大本山相国寺(第八十四番)。
室町幕府三代将軍・足利義満は、禅を篤く信仰し、京の中心に巨大な禅寺を築いた。
金閣寺・銀閣寺など約百ヵ寺を末寺に抱える、臨済宗相国寺派の大本山である。


b0133440_20293431.jpg

法堂(重要文化財)。
正面28.72m、奥行き22.8m。裳階(もこし)と呼ばれる庇部分を付けた1階構造。
内部にご本尊の釈迦如来坐像と、蟠龍図(はんりょうず)がある。鳴き龍として知られる蟠龍図は、狩野光信によるもの。

b0133440_2039303.jpg


b0133440_20394559.jpg

開山塔前庭。
文化4(1807)年、桃園天皇の皇后・恭礼門院の黒御殿が移築された。前庭には、かつては水が流れていたが、現在は枯山水である。

b0133440_20522443.jpg


b0133440_20523933.jpg

鐘楼。
「洪音楼」(こうおんろう)とも呼ばれる。天保14(1843)年の再建。

b0133440_20544190.jpg



b0133440_205627.jpg

経蔵。

b0133440_20563413.jpg

浴室。
宣明(せんみょう)とも呼ばれる。慶長元(1596)年の再建。

b0133440_2103582.jpg



相国寺 秋の特別拝観
[PR]

by uminee_san | 2011-09-24 20:35 | お寺
2011年 08月 16日
百寺巡礼二十五ヶ寺目──臨済宗相国寺派別格地東山慈照寺(第二十二番)。
b0133440_944036.jpg

庭園、和歌、書画を愛した室町幕府八大将軍・足利義政(1436~1490)は、東山に一大文化を
開花させた。その象徴が銀閣である。

b0133440_9481126.jpg

東求堂(国宝)。
文明18(1486)年に完成。当時は阿弥陀三尊像を安置。

b0133440_9504635.jpg

錦鏡池と銀閣。

b0133440_95236.jpg


b0133440_9522284.jpg

お茶の井の上から。

b0133440_954620.jpg

銀閣寺垣。
[PR]

by uminee_san | 2011-08-16 09:46 | お寺
2011年 07月 18日
百寺巡礼二十四ヶ寺目──高野山真言宗総本山金剛峯寺(第五十一番)。
b0133440_19281762.jpg


またしても根本大塔のみ・・
日本で最初に建てられた多宝塔。昭和12(1937)年の再建。



前述の通り、フラフラになりながら到着。本堂へはまたしても行けず・・また次回。
おそろしいケーブルカーを降りて電車待ちをする間、夕立が。

※なにやらアートなイヴェントがあったらしいが、瀬戸内国際芸術祭ほどのスケール感はなかったよう。
[PR]

by uminee_san | 2011-07-18 19:30 | お寺
2011年 07月 12日
百寺巡礼二十三ヶ寺目──天台宗那智山青岸渡寺(第五十二番)。
西国三十三所、第一番の札所でもある。

b0133440_4411578.jpg


山門。鎌倉時代の仏師、湛慶(たんけい)作と伝えられる金剛力士像が出迎える。

b0133440_13544593.jpg


本堂(重要文化財)。如意輪堂ともいう。南紀州で最古の建造物。推古時代から6回改装している。
桃山建築らしい豪壮さを誇る。

b0133440_135919100.jpg


三重塔と那智の滝。
三重塔は平安時代末期の建立と推定される。

b0133440_1414823.jpg


大雲取越えの際にはぜひとも飛瀧神社まで足を運ぼう。
[PR]

by uminee_san | 2011-07-12 04:44 | お寺
2011年 06月 14日
百寺巡礼二十二ヶ寺目─叡昌山本法寺(第八十七番)。
『法華経』によってこの世を正すという宗祖・日蓮の教えを貫くために、布教に生涯を捧げた日親上人。本法寺は室町時代にその日親上人によって創建され、「町衆」と呼ばれる商人や手工業者たちの篤い信仰心によって支えられてきた。
「法華経」の信者であった長谷川等伯や本阿弥光悦などの芸術家たちが、ここを創作活動の拠点とした寺でもある。


b0133440_14144086.jpg

伽藍の東に建つ仁王門。天明8(1788)年の大火後に再建。

b0133440_1415471.jpg

本堂の前に立つ長谷川等伯像。
桃山画壇の頂点を極めた絵師である。旅装で空を見上げ、手には1本の筆が握られている。

b0133440_14324268.jpg

多宝塔。釈迦如来と多宝如来の二仏を安置する。


※巴の庭、涅槃会館の拝観は、なぜか行っていず・・御朱印もGETできなかったのでまたリベンジだな
[PR]

by uminee_san | 2011-06-14 06:21 | お寺
2011年 04月 22日
百寺巡礼二十一ヶ寺目─小倉山二尊教院華台寺(第八十三番)。
「百人一首」が編さんされたことで名高い小倉山の麓にたたずむ古刹である。


承和年間(834~848)、嵯峨上皇の勅願によって、天台宗・慈覚大師円仁が開山したとされる。その
後退廃するが、創建から約350年後、法然が住んだことで寺はふたたび栄える。


b0133440_13261740.jpg


b0133440_13264950.jpg


b0133440_13191647.jpg


「紅葉の馬場」──楓の緑が眩しい。

b0133440_13333690.jpg


「唐門」──別名「勅使門」。天皇の意思を伝える勅使が訪れたときに使用した。


b0133440_417137.jpg


本堂。永正18(1521)年の再建。京都御所の中心となる建物、紫宸殿を模して建てられた。
外陣前の廊下は「うぐいす張り」の造り。

b0133440_4235996.jpg


b0133440_4241819.jpg


本堂前の桜。
[PR]

by uminee_san | 2011-04-22 04:12 | お寺
2011年 04月 12日
百寺巡礼二十ヶ寺目─華頂山知恩教院大谷寺(第八十二番)。
b0133440_19584162.jpg

三門。江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の寄進。

More
[PR]

by uminee_san | 2011-04-12 19:58 | お寺
2010年 11月 23日
百寺巡礼十九ヶ寺目─鈴聲山真正極楽寺(第二十五番)
通称「真如堂」

b0133440_444286.jpg


more─紅葉のBEST SEASON!
[PR]

by uminee_san | 2010-11-23 04:04 | お寺