2011年 05月 05日
プリズム。
貫井徳郎著
創元推理文庫
296ページ

b0133440_9121839.jpg

小学校の女性教師が自宅で死体となって発見された。傍らには彼女の命を奪ったアンティーク時計
が。事故の線も考えられたが、状況は殺人を物語っていた。ガラス切りを使って外された窓の鍵、
睡眠薬が混入された箱詰めのチョコレート。彼女の同僚が容疑者として浮かび上がり、事件は容易
に解決を迎えると思われたが・・・。


著者はいろいろな球種を持っているよう。どの作品を読んでもさまざまなミステリ手法が出てきて
毎回「やられた」って思ってしまいます
[PR]

by uminee_san | 2011-05-05 09:12 | 読書


<< 二上神社口~二上山雄岳~祐泉寺...      友ヶ島。 >>